オンライン予約はこちら

バスト

  • 二重特集
  • 脱毛特集
  • プチ整形特集
  • 脂肪注入特集

バスト

豊胸術:脂肪注入法

自分の脂肪を用い、バストを大きくする方法です。「ウエストや脚が細くなり、その上、胸も大きくしたい。」「胸を大きくしたいが、異物を入れるのはイヤ。」という方に向いています。注入した脂肪の内30~40%は胸の脂肪として永久に残りますが(生着)、残りは吸収されてなくなってしまいます。つまり、脂肪注入の場合、大きくできる限界があり、1~2カップまでのサイズアップを希望する方には適した方法です。脂肪の注入量を多くすれば、するほど胸は大きくなるというのではなく、反対に入れた脂肪同士が固まりとなり、胸にしこりを作ることがあります。当院では、乳腺以外の胸の大きさに関係する全ての組織に、まんべんなく脂肪を注入することで生着率向上に努め、しこりにならない柔らかい胸になるようにしています。
より多くの脂肪の生着を可能にした、『ピュアグラフト脂肪注入」や『コンデンスリッチファット脂肪注入』も行っております。
(※詳しくは脂肪注入特集ページを参照してください)

手術は脂肪吸引の範囲にもよりますが、2-3時間で終了します。日帰り手術で行っております。脂肪吸引をした部分はテープ固定包帯固定を1週間、胸にもテープ固定を1週間行います。テープ固定、包帯固定を隠せるのであれば、手術当日、翌日の休養を取って頂ければ、あまり日常生活に影響がない中で手術を受けていただくことができます。ただ、手術部位には打撲痛、筋肉痛に似たような痛みが1週間ほどあります。
麻酔は、硬膜外麻酔と静脈麻酔を併用して行います(脂肪吸引の範囲が狭い場合は脂肪吸引部分に関しては局所麻酔でも可能です)。静脈麻酔を併用しているため緊張感や痛みを感じることなく手術を受けて頂くことが可能です。なお、硬膜外麻酔に関してはH26.4月より専属の麻酔科専門医が担当致しております。

こんな悩みが解決します

  • 胸を大きくしたい
  • 豊胸バックでなく自分の脂肪で大きくしたい

症例写真

  • 豊胸(脂肪注入)

    • 術前

    • 術後

  • 豊胸(脂肪注入)

    • 術前

    • 術後

施術の概要

施術時間 2〜3時間
麻酔 硬膜外麻酔(麻酔科専門医が担当)
カウンセリング当日の処置・手術 ×
腫れ 7~10日
術後の痛み ★★★☆☆
※内服薬にてコントロール可能
抜糸までの期間 7日
術後固定 テープ固定、5~7日間
メイク
洗顔・洗髪 当日より可能。
入浴 翌日より脂肪吸引部分より下はシャワー可能。
※テープ・バンテージ固定は濡らさないようにして下さい。
※長湯やサウナはお控え下さい。
飲酒・運動 2~3週目以降より可能
通院回数(検診含む) 4~5回

料金について※表示は全て税抜き表記です。

豊胸術(脂肪注入:スタンダード) 脂肪吸引代+¥300,000
豊胸術(脂肪注入:ピュアグラフト) 脂肪吸引代+¥400,000
豊胸術(脂肪注入:コンデンスリッチファット) 脂肪吸引代+¥500,000
+硬膜外麻酔(麻酔科医師が担当) ¥70,000、¥90,000、¥110,000
(※硬膜外麻酔は当院にて術前に採血が必要になります¥10,000)

ご予約・ご相談

受付時間内はお電話でのご予約・ご相談をおすすめします。
時間帯によってはかかりづらい場合がありますので、WEBからのご予約・ご相談もご利用ください。

電話でのご予約・お問い合わせ
TEL.075-341-3333

【平日・祝日】 10:00~19:00 【土曜日】 10:00~17:00 完全予約制
第2、第4土曜日休診(電話受付のみ) 日曜日 休診

WEBからのご予約・ご相談はこちら

オンライン予約

お問い合わせ