オンライン予約はこちら

院長コラム

院長コラム一覧

2016.10.15

エラ 削り の腫れはどれほど!?

エラ が張った顔を正面から見ると顔が四角形に見えます。

 

JAS pre 1 HP1

 

エラ 削り とは、四角く張って見える顔を逆三角形のすっきりとしたフェイスラインにする手術です。顔が四角形に見える原因の下顎角( エラ )を口腔内より削ります。

 

よく患者さんに「 エラ 削り の腫れ、すごいんでしょ!?」「輪郭形成の腫れって、すごいんですよね!!?」と聞かれますが、意外と10-14日で腫れはすっと引きだしてきます(完全にむくみが取れるまでとなれば数ヶ月かかりますが)。

骨の手術と言えば、やはり皆さん大手術と言うイメージがあるようです。「ケガ→骨折→重症」と言う図式が頭の中をよぎるからでしょうか。

 

骨を削ったり、切ったりする エラ 削り は、凄い大手術で術後の腫れもすごいと思われがちですが、 エラ の骨さえ出してしまえば、そこには骨しかありません。細かい血管や神経をよける必要もありません。まぶたの細かい手術に比べると比較的ざっくりとした手術です。

術後は、もちろん腫れもあれば注意事項もありますが、テープやバンテージの固定、注意事項をしっかり守り、術後順調に回復すれば術後2週目位から社会復帰が可能となってきます。

エラ 削り に限らず、アゴ削り、頬骨削りも同様です。

 

JAS POD 2w HP1

 

 

エラ 削り の変化は、面影が変わると言うより今のイメージを残したまま痩せた雰囲気になると言う変化です。

(もちろん形的には張り出した エラ は無くなってますが)。

 

JAS POD 3w 1 HP1

 

JAS POD 9M HP1

腫れが完全に引いてから社会復帰するのも一つですが、変化を周りに気付かれたくない方は、少し腫れ、むくみが残って エラ があるように見える術後10-14日の状態で社会復帰するのも一つです。