オンライン予約はこちら

院長コラム

院長コラム一覧

2020.04.08カテゴリー : しわ・たるみ , レーザー・光治療、スキンケア , 院長の独り言

先生、肌キレイ!? その秘訣!? その1

「先生、肌キレイ!!」と言われることが時々あります。

あまり自分で思った事はないのですが、53歳を思えば多少マシなのかもしれません。

よくコマーシャルで「何歳に見えるでしょう? 実は何歳です!」みたいな胡散臭い事を見かけるので、営業的な気がして自分から人に何をしているのかあまり話す事はありませんが、「先生、何してるんですか?」と最近聞かれることが多いので、皆さんが飛びつくような事はしておりませんが、少し何をしているのか書かせて頂こうと思います。

まず言える事は、誰でも「ぱっとして、ぱっと良くなれば」と思いますが、そんな魔法のような事は存在しません。

それはあくまでも広告です。

「継続は力なり」地道な努力が全てです。

あくまでも手術を除いての話です。たまに患者様から「何か手術されてるんですか?」と聞かれるのですが、ブラックジャックじゃないので残念ながら鏡を見ながら自分で手術はできません。ヒアルロン酸注入ですら自分でしようと思っても、鏡で見ると左右奥行きが逆転しているのでなかなか上手にできません。任せれる後継者ができれば別ですが…。

という事で、糸を入れたり、レーザー照射したりはありますが、手術はなかなか自分自身では受けれません。

話を元に戻し、肌がキレイな状態でいてるには。。。

日焼けしない事、保湿する事、それは最低条件です。

美容外科である限り手術ありきではあるのですが、かと言って手術が全てではありません。

よく来院された方にお話しするのですが、服で例えると、ほころびた所を直したり、寸法直ししたりするのが手術です。ですが、いくらほころびた所を直したり、寸法直しをしても、生地がシワシワであったり、くたびれていては綺麗に見えません。肌もそれと同じでフェイスリフト等のたるみ取りをしたり、部分修正をすると見た目の全体の輪郭や構造は良くなります。ただそれで完成かと言うと肌という生地がくたびれていては効果半減です。ある患者様で開業前からお世話になっている外科の先生の奥様なのですが、私も感心するほどに、何年もまめにレーザー、スキンケア、美容点滴に通って頂き、ホームケアとしてメディカルコスメも使って頂いております。若々しく綺麗です。「継続は力なり」を私が反対に勉強させて頂いている感じです。

肌自体は毎日の積み重ねが全てです。

前述の「先生、何をしてるんですか?」というフレーズを最近言われることが多いのでその一端をお話ししたいと思います。

私のしている日々の積み重ねですが、外用(肌につけるもの)としては、この2つです。

「アクアIIGFスキンエッセンス」

「ESTエッセンス」

ESTエッセンス&AQUAⅡ

 

自分が思っている最強の組み合わせです。

アクアIIGFスキンエッセンスを化粧水代わりに、そしてESTエッセンスを美容液として使っています。

アクアⅡGFスキンエッセンスは当院オリジナルのメディカルコスメで、4種の肌再生因子が含まれています。

アクアIIGFスキンエッセンス2

 

アクアIIGFスキンエッセンス1

(詳しくはサイト内のオリジナルコスメの項を参照下さい)。宣伝に思われても嫌なので患者様に自分からあまりお勧めする事はないのですが、コンセプトに共感して頂いている患者様は永続リピーターとなって頂いております。

もう1つはESTエッセンス。これはコアフロント株式会社の製品です。

ESTエッセンス

女性ホルモン様成分のゲニステインが含まれており、この女性ホルモン様成分が肌のハリ、ツヤ、透明感を導くように働いてくれます。

ESTエッセンス1

個人的に気に入って使っております。

どちらもエイジングケアにおけるコンセプトのハッキリした化粧品です。

よく見かける顔に塗っている間はしっとりツヤがあるが洗顔すると元通りという化粧品とは一線を画すもので、アクアIIGFスキンエッセンスとESTエッセンスの2つの組み合わせをお気に入りとして長年使っております。

私の肌の外用(化粧品)における「継続は力なり」を書かせて頂きました。

今回は外用に関してでしたが、次は機会があれば内服(サプリメント)についてお話ししたいと思います。

2019.04.01カテゴリー : ニキビ

お尻ニキビ の改善方法‼

お尻ニキビ …顔のニキビの次に意外と気にしてる人が多いのが、この お尻ニキビ !

 

リンス、トリートメント、コンディショナー、洗顔料、ボディソープ…色んなものがお尻に付いたままになり、お尻の毛穴をふさいでる事も多いのです。

 

お風呂を出る前に手で擦りながらシャワーで流し、お尻がキュキュッとなるくらいに洗い流してみて下さい。

 

お金をかけずに意外とこんな簡単な事で お尻ニキビ が改善します。

 

2017.01.23カテゴリー : 院長の独り言

遺伝子ダイエット ~保有している遺伝子によりダイエットの方法が異なります!~

太っている方から痩せている方まで、皆さんそれぞれダイエットに関心を持たれている方が多いように思います。

そして、皆さん口を揃えて言われるのが、「何してもなかなか痩せない…」

目に見えての暴飲暴食、運動不足はまずその改善が必要ですが、努力してるのにと言う方には、一度、肥満遺伝子の検査をしてみてはいかがでしょうか?

肥満に関する遺伝子には、β3AR、UCP1、β2AR、UCP2、FTO、等があります。


肥満遺伝子

 

どの遺伝子を保有しているかによって、ダイエット方法が変わってきます。

脂肪は、体内で分解され→必要な栄養素(Lーカルニチン、ビタミンB1、CoQ10等)を利用して燃焼され→そしてエネルギーとなり利用され痩せていきます。

脂肪燃焼

 

保有遺伝子を調べる事で、自分が、「脂肪を分解しにくいタイプ」なのか、「脂肪を燃焼しにくいタイプ」なのか、もしくは両方持ち合わせているタイプなのかがわかります。

「脂肪を分解しにくいタイプ」「脂肪を燃焼しにくいタイプ」でそれぞれダイエット方法が変わってきます。

興味のある方は、診察時、一度ご相談下さい。

 

2017.01.11カテゴリー : 院長の独り言

整形 のネガティブイメージに変化 整形 自体が アイデンティティ に?

今日、Yahoo ニュースに「 整形 のネガティブイメージに変化 整形 自体が アイデンティティ に?」という記事が掲載されていました。

芸能人で美容 整形 をカミングアウトし、 アイデンティティ として自分のウリ、個性にしようという内容のものでした。

興味がある方は、ご一読下さい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000339-oric-ent

美容 整形 に関するニュースと言えば、今まで美容 整形 をマイナスイメージにみせる報道ばかりでしたが、美容医療の現在おかれている状況をそのまま報道して頂けるのは美容業界としては有難いことだと思います。

ただ、「美容 整形 =見た目の変化、見た目をきれいに」という単なる容貌の変化を アイデンティティ とするというだけでなく、もう少し入り込んだ心の中に目をつけた報道もして頂きたいものです。

誰も痛い思いをしたくないのが普通です。

見た目が、誰がどう変わった、どうなった、というような報道よりも、痛い思いをしてまで手術を受けたいという思いに至った経緯、その壁を乗り越えて、美容外科の門をたたく思い、そこを大事にして頂きたいものです。

 

 

 

 

 

 

2015.12.15カテゴリー : 二重 , 院長の独り言

より 綺麗な傷あと を求めて  ~マイクロサージェリーによる縫合術 ~

まぶたの手術では、より 綺麗な傷あと を求めて、手術、縫合の際に、以前より手術用の拡大鏡を利用してきました。

IMG_0674

拡大鏡を利用すると、切開部分の断面が詳細に見え、ずれることなく綺麗に縫うことができます。

 最近、二重の切開の傷あとをより綺麗にするために、マイクロサージェリーによる縫合術も始めました。

マイクロサージェリーとは、あまり耳にしない言葉かもしれませんが、「顕微鏡下手術」の事をいいます。

マイクロ2

実体顕微鏡で見ると、通常、拡大鏡で見ている術野の見え方とは世界が違います。

 初め「まぶた全体」が見えていたのが、実体顕微鏡でズームしていくと視野一面「皮膚」だけになり、さらにアップしていくと「皮溝、皮丘」(いわゆる肌のキメ)が見え、、、眼瞼の皮膚を縫合するのに皮溝、皮丘が見えるくらいまでズームする必要はありませんが。

Google map で例えると、日本が映っているところから拡大していくと、近畿地方が見え、京都が見え、番地、家まで見えてくる!そんな感じです。

 顕微鏡を使うと、まぶたの皮膚を縫合する場合も、寸分のズレもなく縫合できます。

マイクロ3

まぶたの皮膚は、そこそこに縫えていると、それなりに綺麗に治ってくれるところです。拡大鏡を使って縫合するだけでも、一般的な目で見ると十分 綺麗な傷あと に見えます。そこをあえて顕微鏡を使って縫合しようというのは、これはもうオタク的なこだわりでしょうか。

 より 綺麗な傷あと を求めたい方は、当院に来られた際、「マイクロサージェリーの縫合で!」もしくは「顕微鏡下縫合で!」と申し出て下さい。